新型VWポロに試乗。少しばかり「う~ん!」と思った次第(3日)

皆さんベタホメの新型ポロに試乗した。取材の目的である燃費評価は4月26日売り号のCT誌にキッチリ書きます。気になってるの、良いクルマかどうかだと思う。結論から書くと、少なくとも現在販売していると考えられる2018年仕様についちゃ「1年待った方がいい」と答えておく。悪いクルマじゃないけど、価格相応の魅力を持っていないのだった。

例えば乗り心地。平坦な道を走ってる限り「いいね!」なのだけれど、少し大きい入力受けると日本車のような挙動になってしまう。はたまた1リッター3気筒95馬力のエンジンも、車重1000kgに100馬力エンジン搭載しているフィットと比べ優位点無し。やはり3気筒って軽自動車のエンジンフィールと似ている。インテリアだってシンプル。100歩譲って安ければいい。

赤い試乗車は265万円のハイラインにナビと安全装備の必要と思えるオプション加え297万円! 安全装備全て標準&ナビ付きのボルボV40T2の特別仕様車が299万円。いや、そもそもVW好きならゴルフを新古車で買うか、ドカンと値引きしてもらって買うかの方が絶対満足出来る。赤いポロの試乗車の総支払額、私が買ったBMW330e i ラグジュアリーと変わらず。

取材の途中でボルボXC40の試乗会に寄った。改めて試乗してみたら、良い! こらもう私だけ高い評価してるんじゃなく、世界中のメディアがボルボ祭りに参加している感じ。XC40、ボルボとしては始めて欧州COTYを獲った! XC60は日本COTYと北米SUVのCOTY、そしてワールドCOTYも! 全制覇なんだからスゴイ! 上質だし凝ってるし乗り心地良いし安全です。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

как поднять иммунитет ребенку

Узнайте про нужный портал , он рассказывает про proffitness.com.ua.

このページの先頭へ