日の丸タクシーが自動運転タクシーを東京都内で運行するという!(18日)

驚きましたね~! 8月27日~9月8日に間、日の丸タクシーと自動運転を目指すが組み、自動運転タクシーを大手町と六本木ヒルズの間で運行させるという(運賃1500円)。もちろん日本の場合、運転者無しでの公道走行は認められていないため、緊急時の対応担当として運転免許持った人がドライバーズシートに座る。ただ基本的に運転操作しない。

技術的には問題無いと思う。すでに日産が先行して公道で試験を行っており、私も台場から首都高まで使った往復や、横浜の日産GHQ~みなとみらいで行った試験車に乗せてもらった。現時点で日産は自動運転技術の世界TOPランナーで、モービルアイからも一目おかれている存在だけに決まった場所での運行なら”ほぼ”問題無いレベルに届いてます。ZMPは知らないですが。

興味深いのは『交通の安全と円滑な流れ』という道交法をどう解釈するか、である。自工会会長になった豊田社長が主張している通り、現在の道交法を完全に守ったら「円滑な流れ」という安全と同格になっている道交法の目的を満たせないケースも出てくる。例えば車体側方のクリアランスを1m確保できなければ徐行。もちろん制限速度違反や歩行者妨害など絶対ダメ。

どんなコースで運行されるのか不明ながら、左折の交差点で歩行者がポチポチいたなら、1回の青信号につき1台しか曲がれない。片側1車線区間に違法駐車あればすべて10km/h程度の徐行です。後続車からすれば「渋滞の原因になるだけだからやめろ!」。だからこそ日産の実証試験は他の交通の妨げにならないようなコースを使った。個人的にはある程度独自判断で良いかと。

イギリスのファンボローで三菱MRJのデモフライトを3日間行うことになっており、初日は動画の通りなかなか良い飛びっぷりを見せた。するとどうよ! 駐機中にヒコウキを引っ張るけん引車の機首レーダードームアタック喰らってしまったのだ。おかげで2日目はデモフライトキャンセル。せっかく顧客&見込み顧客を呼んだのに! 現地じゃ陰謀説が飛び交っているとか。

点検の結果、飛行に問題無いと言うことで3日目は予定通りだという。それにしても開発の遅れに加え、晴れの舞台でこんなアヤついた。同じ三菱グループの大型客船建造は放火騒ぎなどあった結果、事業取りやめに。良いフネを作っていたのに! MRJはどうなるのだろうか? ちなみにライバルはエンブラエルを吸収したボーイングとボンバルディアを吸収したエアバス。手強い。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ