早くもオープンカントリー履いた新型ジムニーに試乗しました~!

ディーラーに行けば誰でも乗れるジムニーながら、まぁギョウカイの通例で25日の試乗会まで待とうと思っていたけれど、市原で保育園をやってる読者の方から「もう納車になりました。機会あれば乗ってみてください」。こりゃギョウカイの通例と関係無いですね、ということで乗せて頂いた次第。グレードは最上級『XC』の4AT。おそらく一番人気のジムニーだと思う。

現車を見て驚きました! 何と! 早くもTOYOのオープンカントリー履かせている! 何でも昨日納車になり、今朝タイヤ交換したそうな! ジムニー買ったらオープンカントリーかジオランダー(ヨコハマ)に履き替えることを推奨しているだけに、超参考になります。リアのスペアタイヤは、ノーマルだとカッコ悪いのでどうしようか思案中とのこと。キャリア付けるのもイイ。

ということで走り出すと、今までのジムニーよりずっと普通のクルマになった。パジェロミニを知っている人なら、新型ジムニーのハンドル握ると「懐かしいね!」と思うかもしれない。エンジン音も大きくなく、乗り心地は少しクロカンの雰囲気を残すけれど、ゴムがいろんなトコロに挟まってるユサユサ感も薄め。加えて着座位置高いため、小さいクルマじゃないみたい。

オープンカントリーじゃなくノーマルタイヤなら一段と普通のクルマっぽくなってしまうと思う。ということでオープンカントリーだけれど、適当にパターンノイズやタフな気分を出しており素晴らしい! 悪路や泥道あったら試してみたくなりそう。車高やロードクリアランプもちょうど良い感じ。これ以上リフトアップすると舗装路のハンドリングが弱くなります。

オーナーは様々なジムニーを乗ってきたため乗り心地は気にならないとのことだったけれど、私の基準からすればピョコピョコした挙動が気になります。確かに歴代モデルと比べたら余裕の合格点だろう。ネオチューンしてやれば一段とストローク感出てシットリ動く良い足になると思う。もし迷っているという人が居るなら、思い切り背中を押しておく! 良いクルマだ。

悩むのは4ATか5MTかだと思う。オーナーは奥さんも乗ると言うことで4ATを選んだそうな。ということを考えなければ、やはり5MTをプッシュしておく。5MTでも自動ブレーキやクルコンは付くため機能ダウン無し。参考までに書いておくと、極悪路での走破性は4ATと5MTでケースバイケース。クラッチ操作無しでアクセルコントロール出来るのが有利な場面も多い。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ