熊本へ

今日は羽田に帰ってきてラジオの収録。しかも移動時間が限られているためF650GDを御指名。天気もよくバイク日和りでございます。羽田発8時25分のANA熊本行きは何と念願のB787ぢゃありませんか! やっと乗れた! やっぱし新しくて気分良い。思っていたよりキャビンも広い。B767というよりB777に近い感じ。

10121_002

初787。国際線用の機材です

シート配置は2+4+2。4列シートも2+2というレイアウトなので窮屈さが緩和されてます。ただし! シートはアカン! お尻と背骨当たる部分が盛り上がっていて妙な感じ。ANAお気に入りの腰痛増加シートほどの酷さじゃないものの、決して快適じゃありません。ANAのB787のシート、どこで作っているんだろう。

好感持てるのはPA(機内アナウンス)のスピーカー。日本語の機内アナウンスって滑舌悪い人だと聞き取りにくい。B787のスピーカーは今までと音質が違っておりキッチリ聞き取れる。緊急時にも役立つだろう。Yクラスの機内オーディオの音質も良好。ウワサ通り窓の面積広く、これまた快適だ。シートさえ良ければ‥‥。

熊本到着後、すぐ移動してフィットEVの試乗。ECOカーアジアで詳しく書くけれど、リーフより明確に電費いい感じ。同じ条件で走らない正確にゃ解らないが、私の感触だと15%以上良いと思う。コンパクトなボディのeQに匹敵する電費だというの、納得できます。もっと驚くことがあったのだけれど、それはECOカーアジアで。

終了後、16時10分のソラシドエアで羽田に向かう。しかし! この手の飛行機会社の常でボーディング開始は10分遅れ。離陸も20分遅れた。羽田に着いてバイク置き場まで行ったら18時30分! もはや30分しかない。首都高は渋滞表示板真っ赤! されど法規をキッチリ守って走って間に合いました。

<おすすめ記事>

One Response to “熊本へ”

  1. applefanjp  より:

    師匠!
    熊本にお出ででしたか!
    確かに、舘内端先生もまた熊本に来るよって
    おっしゃっていましたっけ。
    もう少し詳しく聞いとけば良かったかな?
    来年のEVフェスティバル九州inくまもとには
    ぜひ、舘内先生、永田さんとともに
    熊本へお越しください!
    そして、学生のレースの模様を自動車誌の紙面に
    お願いします!

もっと

www.topobzor.info

Был найден мной важный интернет-сайт на тематику мастерон ka4alka-ua.com

このページの先頭へ