私のラリー用リーフ、ついにお役御免か?(17日)

けっこう真剣に「どうしよう」と考えている。私のリーフは現在サンコーワークスにあるのだけれど、満充電航続距離がもはや80km程度になってしまった。ガチガチに利くLSDのため転がり抵抗大きく、私の家まで届かない。おそらく2011年3月登録のノーマル状態だと100kmくらいだと思う。

この年式、今や中古車市場での相場が30万円程度。手放す時に10万円くらいになってしまったため、おそらく日産は全て回収しようとするだろう。クルマが無くなればユーザーからのモンクも出ないですから。初期型リーフに乗っている人で、新型リーフを考えているなら、高く査定してくれると思う。

ちなみに日産の公式Webサイトで下取り額の大雑把な目安が解る。2011年式リーフの場合、9~22万円! 泣。こらもう「リーフの査定は15万円ですが、そこに今なら特別に50万上乗せします」という作戦だ。実際はいくら上乗せしてくれるか不明ながら、ユーザーにとっちゃ唯一の救済策だ。

参考までに書いておくと、当時、補助金使ったリーフとほぼ同じ価格で買ったが付く。下取ったリーフは、リユース出来る電池だけ取って廃車にすればいい。現行リーフは全てこの作戦で潰していけばいいと思う。無くなってしまえば補修用電池も不要。

文頭に戻る。困るのが私のリーフである。新品の電池に交換すればSS距離短いGazooラリーチャレンジとかに出られます。初心者などに乗せれば、面白い。ただ私の御予算無し。障害のある方に乗って頂こうというプロジェクトも進展しておらず。ということで誰か実費でラリーに出たい人、いますか?

いなければ残念ながら店じまいにしようと思う。現在あまりにも良いサスペンションに仕上がっているため、もったいなくて手放すことも出来ない。我が家のガレージで声掛かるまで冬眠です。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

ソース

続きを読みます

このページの先頭へ