軽自動車より安価な新古輸入車ぞ~ろぞろ!(19日)

みんなにクルマの乗り換えを誘う情報の続きです。「こらいいんじゃないの!」と思ったのは、2016年12月登録のVWポロ。走行1990kmで総支払額141万6千円とな! しかも正規ディーラーときた。ボディはカッコ良いレッド。何かと心配な乾式7速DSGも、ポロの車重なら心配減る。新型が出ても、完成度の高い現行のほぼ最終モデルだけに安心です。輸入車入門に!

スマートも大量の在庫を抱え、自社登録に走ったらしい。下の売り物、総支払額が125万円ということで、何と新車の半額! 新車買ったヒトは泣きですね。先代のめっちゃカッタるいミッションから、少しだけ妙なツインクラッチになったため普通に乗れる。なんたってベンツだ。しかも話題のルノー・トゥインゴの兄弟なのに人気無くお買い得。デザイン、好き嫌い分かれる?

VWは安価なお買い得モデルがたっくさんあります。軽自動車の購入を考えているならアップなどいかがか? 自動車税は年額29500円。燃費大差なし。使い勝手良好。VWの場合、自動ブレーキ性能で日本の軽自動車水準ながら、サイド&カーテンエアバッグなど衝突時の安全性は高い。シートの質感やペダルの作り込みなどさすがです。

クルマ好きに激しくプッシュしたいのはマニュアルのプジョー208。装備だって文句なし。LEDヘッドライトやクルコン付き。シート極上! しかも正規ディーラーである。今やマニュアルって希少価値でしょう。価格は支払総額ではないものの、新古車の場合、あまり高くない。思わずポチりそうになりましたね。

以上、軽自動車と同じ150万円程度の総支払額で済む割安物件をリストアップしてみました~。これが200万円とか250万円になると一段と魅力的なモデルが加わってくる。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

続きを読みます

best-products.reviews

http://kover-samolet.com.ua

このページの先頭へ