長崎で坂本龍馬の足跡を辿る(19日)

20日の夜21時からのラジオ日本『ドライブ・ア・ラ・カルト』のゲストは本田技術研究所の清水潔さん。クラリティシリーズの開発責任者です。清水さんはトヨタの田中さんと並び日本の次世代パワーユニットについて最も深い知識を持ってます。燃料電池とPHV、EVを開発しましたから。どんな内容かお楽しみに! 聞き逃した方もラジコで来週金曜日までお聞き頂けます~。

上海を出て38時間で長崎到着! 長崎に早くついても仕方ないので、この手のフネとしちゃ13~14ノット(25km/h程度)というノンビリしたペースでした。ヒコウキだと追い風のため1時間少々。ただ安定した横風。遣唐使などの帆船は気持ちよいアビームでイッキに東シナ海を乗り切ったかもしれません。最近の高い性能持つ40フィートくらいのヨットだとアビームで10ノット以上出る。

着いたのは何とグラバー邸の前(チャンポンで有名な四海楼の前、といった方が解り易い?)。ここからなら歩いてでも市電でもタクシーでも容易に移動可能。こんな便利な桟橋など他に無いと思う。長崎、寄港地として人気なのは納得です。目の前に『A』が停泊してました。ロシアの超大金持ちが持ってる妙なカタチのスーパーヨットです。日本中で目撃されている。ナニやってんでしょ?

ということで下船し、坂本龍馬の足跡を辿るべく目の前のグラバー邸へ。JAFの会員カード見せるだけで100円引き。けっこう使えます。とりあえず出してみて損無い。龍馬さん、ここには何度か訪れている。グラバーさんはどうやら龍馬のスポンサーのような役割をしていたようだ。フネや銃など様々な舶来品を良い条件で(買い手を紹介する等々)出していたと言われてます。

グラバー邸からスプレンディダを見る。坂本龍馬はこんな日本を想像していただろうか? まっこと素晴らしい国になりましたね。最近ちょっと怪しくなってきましたが。江戸末期、長崎は外国からの文化や技術、文明など入ってくる最前線であり、日本の優秀な頭脳が集まっていた。海援隊から九十九商会三菱を起こした岩崎さんも長崎じゃ龍馬の次に名が通っている。

高知城歴史博物館に展示されている(船中八策をまとめた夕顔丸の船将)は血縁関係ということもあり、妙に血が騒ぎます。続いて出島から丸山へ行く。このあたりも龍馬が闊歩したと言われている。同じ場所を歩いていたと思うと感慨深い。トヨタやホンダは迷ったなら創業者の精神を考えれば良いと思う。私は迷ったら坂本龍馬のマネをしたい。

ということで日々どうすりゃいいのか思案橋。へそ曲がりなので四海楼でなく長崎市民の人気だという『』を攻める。ちゃんぽん700円。これが大当たりで美味しかった~。東京にあったら一週間に一度は行く! お土産は丸山にある福砂屋本店(船大工町というカコ良い地名)のカステイラ。時間あれば釣りに行きたかった。長崎の釣り、楽しい記憶しかありません。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

У нашей фирмы интересный web-сайт с информацией про ковролин детский www.kover-samolet.com.ua
Наша организация предлагает https://velotime.com.ua по вашему желанию, недорого.
аккумуляторы харьков

このページの先頭へ