1月12日

久々の「天気良く風もない休日」だったのでマリーナへ。環境を考え燃費の良いフネに乗り換えたのだけれど、クルマの車庫入れに当たるバースへの着岸操船で苦戦中。2重反転ペラ(2列のスクリューが違う方向に回る)ってイキナリ強い推力出てしまう。しかもディーゼルとあり、アイドル時のギアレシオも高い。

0911213リッター4気筒のコモンレール直噴です

ガソリンなら6千回転回った時に最高速出るギアレシオのため、アイドル700回転ならおよそ10分の1のスクリュー回転数。されど最高回転3500のディーゼルでアイドル700回転だと5分の1。したがってアイドルでも凄い速度になってしまうワケです。ギア入れた途端、急加速しちゃうのだ。こら相当練習せなアカン。

091122

ただ燃費は抜群によさそう。今までだと18ノットで1時間20L程度だったのが、20ノット出して18Lというイメージ。しかも免税軽油(道路を造るための税金が免除される。当然か)も使えます。それでいて艇体サイズ大きくなったため多少荒れたって心強い。今年は釣り好きなど誘って夕飯のオカズの確保をしたいと思う。1月末日で期限切れになるクーポンがあったので、台場のJALホテルでお昼を。不景気風吹くも、4千円近いランチブッフェは待たなければ入れないほど繁盛してます。お隣のアクアシティも大賑わい。こういった風景だけ見ていると、ホントに厳しい状況なのかと考えさせられる。日本経済の地盤は案外強いのか、それともこれからなのか。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.topobzor.info

このページの先頭へ