CB1300

午前中原稿書きし、昼からCX-5の返却に行く。最後のレグが平均車速20km/hの一般道で14,5km/L。例のヘタクソ運転診断装置はステージ1からステージ2にステップアップしていた。このステージだと加速Gも減速Gもキッチリ出さないと高い点数にならない。ステージ2からは走る場所も重要。

8241_002

都内の渋滞で14,5km/Lなら立派

一番簡単に点数を稼げるの、空いている首都高です。コーナー多く、加減速を頻繁に行う。ステージ3でも高い点数を取れることだろう。逆に平均車速20km/hの都内じゃ高い点など出せない。自動車ヒョウロンカ国家試験はステージ1で良いと思う。CX-5、コストパフォーマンスが高く良いクルマでした。

来年早々くらいに三菱自動車がデリカD5を。スバルも今年度中にフォレスターのディーゼルを出してくるという。ホンダや日産だって新しいディーゼルを開発中。価格さえCX-5程度に抑えられれば、車重1,4トン超えで、空力の悪いクルマは(SUVやミニバンでございますね)ディーゼルになっていくと思う。

8242_002

ハーフカウルが付く1300ST

タクシーで南青山のホンダへ行き、CB1300STの広報車を借りる。久々に乗るCB1300ながら、全てが上質になっていた。高級感すら漂わせるほど。走り出すや楽ちん至極! 高いギアにポンポンとシフトアップし、後はアクセル捻るだけで自由自在。車体やサスペンションの剛性感も「こんな高かったっけ?」。

しかし暑い! CX-5の温度計は37度! バイクで走っていると風が体温より高いらしく、熱い。30分も走っていたら汗びっしょり。冷却ファン回ると火鉢にまたがっているみたいだ。今日はジムでもタオルが絞れるくらい汗かいてるからダイエットにいいか? このままフェリーに乗って北海道に行きたいっす。 

<おすすめ記事>

2 Responses to “CB1300”

  1. applefanjp より:

    CB、やっぱりカッコいいですね!
    自分たちの世代はオートバイも好き。
    友だちのペケJとかVTとか良かったな〜。
    CBも400はヤンキー御用達になって
    ちょっと残念に思ったものです。
    師匠、夏の終わりの北海道もいいですよね!
    行っちゃってくださいまし!

  2. Tomi@群馬 より:

    良いですね。CB1300。
    白バイにも採用されているんで、きっと乗り易いのでしょうね。
    候補の一つです。

progressive.ua

https://tokyozakka.com.ua

このページの先頭へ