Xマス

夕方まで原稿書き。年内、もう少し仕上げなくちゃならない原稿が残ってます。何とか予定していた分を脱稿。少しはクリスマス気分を味わおうか、ということで夢の島マリーナのイルミネーションコンテスト(フネに飾り付けをして美しさを競う)に行く。いつもの如く広報不足のため内容に割に観客少ない。

12251_001

イルミネーションされたフネも良い

しかも今年は飛び抜けて寒かった。飾り付けたフネで台場の方まで出張ったら面白いと思います。1艇じゃ恥ずかしくて出来ないものの、10艇くらい集まったら賑やか。台場まではイルミネーションを消していけば法規的にも問題ないかと。も少し見てくれる人が多いなら私もやってみたいです。

12252

誰かと思いきや左から2人目はマリーナの支配人

松下さんから電話あり「これから2段重ねのうなぎを食べに行くから店に居ろ」。マリーナを適当に切り上げて中野へ。2人連れの松下さんの4匹分のうなぎでちょうど売り切れ。ただ叔母のコンディションが極めて悪い。ずっと怒っているのだ。昨晩もお客様から「怒っている声を聞くと不快。うなぎは美味しいのに」。

このところ私も叔母と晩ご飯を食べない。食べながらもブツブツブツブツ怒っているからだ。怒っている声を聞きながら食べようとしても、食欲全く出ず。というか、ストレスで胃が痛くなってしまう。お客さんが居るときに怒らないように頼んでも聞かない。動けない人の介護も大変だけれど、これまた厳しいです。

帰り道にゲオに寄り、ストレス解消のためLOSTのファイナルシーズンの1と2を借りる。1本だけ見ようと決めていたが、当然ながら辛抱できず2本とも。4本借りたら4本見ちゃうと思う。それにしてもオカルト的になってきた。最後がどうなるのか全く予測できず。夢落ちだったら怒るぞ!

<おすすめ記事>

2 Responses to “Xマス”

  1. 真鍋清 より:

    鰻と聞いて、小生にとって飛び抜けて美味な、母の実家のある伊那から送られてくる鰻の蒲焼の香ばしい香りが鼻腔を掠める気がする。この伊那の鰻、香りだけでなく舌触りもまろやかなのが逸品だ!
    かく言う小生が日常的に食べる鰻はコープから発売中の浜名湖の鰻のレトルトパック版、こいつを5分間ほどレンジで温めて七味唐辛子をかけて食べるとそのクリスピーさに病みつき、ただそれでも伊那の鰻には適わないことは断言しよう。
    いつか暇を見て鰻蒲焼をパイ生地に包んで、ゴマを乗せてローストしたいと企てている、上には七味唐辛子をかけて。
    PS
    本日午後4時から愛車ヴィッツ1300U(83070km走行)の購入六年半ぶりの定期点検があり、これを機にエンジンオイルにしばらく遠ざかっていた添加剤(KURE製)を入れる予定、CVTの疲弊に関しては時機を見てオイルクーラーを新規装着して12万kmまでコンディションを保つことを期待したい一方で、トヨタタイマーにかかってからのヴィッツは決して安上がりではないことも確認でき、どこか欝な気も覚えないでもありません。

  2. 真鍋清 より:

    昨夕愛車ヴィッツ1300(83072km)が定期点検を受け、CVTフルード等消耗品の交換を行って徐々に軽快さとスムーズさを取り戻せたのはせめてもの福音だろう。
    とくにパートスロットル時の付きが従来より鋭敏になったのは12万kmまで大過なく乗れることを示唆していようが、同時にCVT本体はやはり経年変化を受けており、高負荷が多い小生の場合、財布に蛮勇を奮って大きめのオイルクーラーを取り付けねばCVTフルードの粘度、伝達効率を長期(数万km)に亘って保てないのではと予測している。
    率直に言って従来はCVTフルードは5000-6000km周期で老化し、燃費が急激に悪化する繰り返しとなっており、オイル添加剤アタックX1ではカバーしきれなかったことも事実だ。
    となるとスーパーオートバックス各店を当たってミッション用の後付オイルクーラー(大容量)を探し、取り付けるのが長い目で見て安上がりだと踏んでいる。
    国沢さんにもミッションのメインテナンス、ミッションオイル(特にAT車)関係の記事をアップ望む!

www.topobzor.info

www.220km.com.ua

У нашей организации важный web-сайт с информацией про красивая посуда https://pofar.com.ua/posuda/

このページの先頭へ