4台の事故で亡くなった4名は全て軽自動車。事故の原因作ったSUVは軽傷(22日)

アメリカで大きなクルマが売れる理由、昨年スバル360でグレートレースに出てハッキリ解りました! 地方へ行くと信号の無い片側一時停止の十字交差点が多いのだけど、優先側も停止側も同じ道幅。どちらも100km/hで走ってくる。一時停止を見落としたら、出会い頭衝突です。実際、このパターンの死亡事故は多い。死ぬのは基本的に軽い方のクルマだという。

ということを本能的に理解するため、アメリカ人は大きくて重いクルマに乗りたがるのだった。事故の原因作った飲酒運転の団体職員はSUVで、対向してきた軽自動車と正面衝突したがケガだった(軽自動車側は2人死亡)。だからどうか、という話じゃない。重いSUVだってトラックと衝突したら厳しい。

この事故、もう一つ問題がある。昨日団体職員が逮捕されるまで、飲酒運転していたのは亡くなった軽自動車の方だと報道されていた。警察の発表を鵜呑みにしたからだ。つまり警察は事故に多い「死人に口なし」を適用したのである。交通警察は事故の原因を追及するのでなく「悪いヤツを決める」のが仕事。死んでしまった人の責任にするのがもっとも簡単だ。酷い話です。

上海滞在中、浦安マリーナの小林さんから連絡あり「マリーナを出たあたりにサワラが来ています。今日は1メートル越え上がりました」。例年だとイナダ祭りの秋なのだけれど、今年はサワラ祭りらしい。祭りと聞けばシンボウたまらず、早起きしてフネ出す。目指すは夢の島から15分の浦安沖です。久し振りにフネ乗ったら貝がたくさんついているらしく20ノットしか出ない~。

お祭り会場に到着すると、鳥山出てます! 同好の士も6~7艇。平日なので皆さんお好みの鳥山を狙う。ウワサだとルアーは弓角がいいとのこと。サワラ狙うの初めてのため、弓角とリップ付きのミノーを使う。すると全く当たる気配無し。それなら、とイナダ祭りで絶大な効果を持つスペシャルを投入。あらま! 5分くらいでガツンと大きな手応え! こら大きい!

メーターにゃはるかに遠いが、サゴシ(60~70cm以下)じゃなく何とか72cmのサワラ。大きいため2匹釣っても食べられないので引き上げます。サワラは釣ったら死んじゃう。釣りまくってリリースするという”遊び”はしない。釣りたてのサワラ、刺身で食べると最高だ! 残ったら西京焼き。コレもサワラクラスになると脂乗っていてオイシイ。毎日出漁したいですが‥‥。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ