あらま!

リーフが仕上がったという電話。出来ればディーラーに取りに来て欲しいと言われる。ちなみに納車費用である6195円は支払ってまんがな。このあたり、もう腹立たないばかりか、おかしいとさえ考えなくなっているから凄い! 日産やるな〜! しかも夜なのにクルマの内外装の確認をしろという。

3031

塗装の膜厚を計っている絵

100歩譲って夜なら明るいトコロに駐めておいて欲しい。なのに照明すら無い場所だもの。ここでチェック出来るワケない。とはいえディーラーを信用しない、ということでもありません。「はい解りました」とキズや異常無しのサインをして、そのまんまに持っていく。というのが上の写真。

3032

こいつは左フェンダーとバンパー。色合い違うだけでなく、段差付き。

3033

当然ながら反対側のフェンダーとバンパーも激しくズレてる

フェンダーとバンパーのズレは暗くてもハッキリ解ったのでディーラーで指摘したら「サービスを呼びます」と答えたっきりそのまんま。言ってもムダだと観念。いかりや長介さんじゃないけど「ダメだこりゃ」と諦める。解脱の心境で居ると、及川さんが「これはちょっとね〜」。下はフロントガラスのシールブブンです。

3034

フロントガラスのワクがなんだか妙な感じ。少し引くと‥‥

3035

窓ガラスを接着するときのミスだと思われ

さらにルーフとリアハッチの空き間の塗装は下のような具合。及川さん曰く「イマドキこんな塗装の日本車はないですね〜」。他のリーフをジックリ見ていないので不明ながら、少なくとも私のリーフについちゃマーチ並の工場品質だと考えていい。コイン4枚入る場所もあるし。しくしく。

3036

触るとバリバリしてる

3037

トドメにバランスウエイト大サービスで12枚! しかも前輪!

よく「自動車評論家は特別に仕上がりの良いクルマが真っ先に納車される。値引きもシコタマ」みたいなコトを言う人もいるけれど、私を見れば「て〜んでウソ!」だと解って貰えるだろう。それでも、もし今年もCOTYの選考委員になれたのなら、きっとリーフを最有力候補にすると思う(ヴィッツ級ハイブリッドは間に合わず)。

<おすすめ記事>

9 Responses to “あらま!”

  1. ゲイン より:

    リーフ納車おめでとうございます(*^▽^)/
    これから先の国沢さんのリーフ情報楽しみにさせて貰います。
    今回のレビューは、もし自分の車だったら嫌だなーと感じましたが、そのバッサリ斬る書き方が良いですね(^ω^)大変参考になります。

  2. アミーゴ5号 より:

    リーフ納車、おめでとうございます。
    (*^▽^)/★*☆♪
    是非、クリッカーのブログにあった「東京〜青森リーフ往復の旅」ベストカー連携企画の実現を期待しています。
    特に2台でつるんでいくと、充電の課題が更に浮き彫りになると思います。早目に課題を「見える化」して、社会全体が対策していけると良いと思います。

  3. より:

    うーん、なかなかの出来映え(笑)
    ホイールはあり得ない程のバランスの悪さですね。
    ブレとか危険レベルにならないか心配ですね。
    歪んでるに近いレベルかと。

  4. nobu より:

    斬って良いと思います。
    100%の事実だから。
    僕なら、即クレームです。
    こんな、品質許されませんよ。
    本当に、読者に進められます?
    僕は、進めません。
    日本人の標準的感覚が売りでしょう?
    たとえ、自社製でもこんなん薦めません。

  5. eichandesuyo より:

    リーフ納車おめでとうございます。
    バランスウェイト12枚は笑っちゃいました。
    リーフについて何でも知りたいです。
    雛祭り号で決定?

  6. シルトラ より:

    新車でこれは確かにちょっと気になりますね。
    なので私は出来るだけ新車は買わないようにしています。
    これでは走りを味わう前におなかいっぱいになりそうですね。

  7. ぱんだねこ より:

    リーフの納車おめでとうございます!
    しかし、HEVがあってEVが来てしまっては、もう究極の地に着いた感じですね。
    まあ、最近のクルマはどのクラスを買ってもコストダウンがどこかしらに見えてしまうというか、急作りで「まあ、いいや」といわれてしまっているのでは?と思ってしまいます。それでも「日本品質で」といってはばからないので、どこに線引きがあるのやら。
    プリウスも内装のプラスチックがとか、リアドアを閉めたときの音がといわれました。リアバンパーを留めるネジが丸見えだとも。
    ただ、そのパワートレインの原価と開発にお金が掛かっていない普通のガソリン車のほうがしっかりしているなと感じてしまうことがあります。ガソリン高騰の兆しがなければ2Lになったアコードなんてよいかなと思います。
    納車の時にはきれいなところで記念撮影くらいのサービスが欲しいです。でもこれはディーラーによるのでしょうか?

  8. かず より:

    一年後、リーフも良くなっているかもしれません。
    一年過ぎれば、改善されるだろうし。
    私も、同じプリウスか〜と、少し思いました。
    プリウスからプリウスに乗り換えて、高くつきました。
    でもいまだに嫁さんは気づいてません。
    (゜∇゜)ムダー!
    それはさて置き、
    ナビに表示される充電箇所は都内なら多いのでしょうか?
    充電箇所巡りなんてツアーは、面白そうです。
    名所と併設なら、
    ちょっとしたドライブに成りますね。
    (*^o^*)
    メリットとデメリットは有るかもしれませんが、車のデメリットを楽しむの方向で考えた時、
    それはそれで、色々な事柄がわかって良いと思います。

  9. 多分 より:

    納期遅れの余波で、検品とフィードバックが雑になったまま、大急ぎで、強引に数を作ってるんだな、というのが、とても良く分かるレビュー記事でした。外装だけではなく、電池の中に、見えないネガが残っていないことを祈ります。
    それでも、リーフをCOTYの最有力候補に推すというのは、熱い評論家魂ですね。

https://citroen.niko.ua

steroid-pharm.com

profvest.com/2017/03/bitcoin-otzivi-obzor.html

このページの先頭へ